わきが・多汗症治療ならミラドライ

ミラドライ Q&A

ミラドライに関するよくある質問

ミラドライ治療を受けられないケースを教えてください。

・妊娠中の方
・ペースメーカーなどの体内留置電子機器を使用している方
・リドカインやエピネフリンなどといった局所麻酔アレルギーがある方
・酸素補給が必要な方
などは治療が受けられません。カウンセリング時に必ず申し出てください。

 

治療時間はどのくらいかかりますか?

麻酔時間も含めまして約1時間です。最初のカウンセリングも含めると1時間半くらいかかる場合もあります。

 

治療効果はいつわかりますか?

治療直後より実感できます。

 

治療後いつから入浴可能ですか?

治療翌日より入浴可能です。シャワーは当日から可能ですが、治療箇所を過剰に濡らしたり、温めたりすることは控えた方が良いようです。

 

治療中に痛みは感じますか?

治療には麻酔を使用します。局所麻酔のみで痛みを感じることなく治療が可能です。

 

他院で外科的治療(剪除法や特殊器具を使う方法)でわきが・多汗症の手術を受けたことがありますが、ミラドライを受けることはできますか?

以前に外科的治療を受けられ、「効果に不安がある」、「再発してしまった」といった多くの方の治療を行った結果、現在の皮膚などの状態によってはミラドライ照射が可能なケースも多く見受けられたようですので、クリニックで医師にみてもらうことをおすすめします。

 

男性でもミラドライを受けることができますか?

もちろん治療可能です。しかし、ワキの毛量が少なくなる可能性があるので予めご了承ください。

 

未成年の治療は行えますか?

わきの臭い多汗は、汗腺とわきの毛(毛根)の存在に大きく関係しています。そのため、成長期に当たる方、または、これから成長期を迎える方は、今ミラドライを行い効果が得られたとしましても、新しい汗腺や毛根が作られ、再び臭いや汗を発生してしまう可能性がありますので、成人になってからの治療が適しています。
もしどうしても未成年での治療を希望される場合、複数回の照射が必要な場合もあるということを念頭に施術を受けてください。

 

治療後、通院する必要はありますか?

基本的には必要ありません。施術後、気になることがあれば、施術を受けたクリニックにご相談ください。

 

通常の生活に戻れるのはいつですか?

ほとんどの方は、治療直後に通常の生活ができますが、運動や入浴はしばらく控えた方が良いようです。
痛みや腫れを緩和するために治療後2〜3日は、定期的にアイスパックを脇の下にはさんで冷やす必要もあるようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
top ミラドライについて ミラドライ施術の流れ ミラドライよくある質問 ミラドライ無料相談